予備ゲートバーを持つことの重要性

 ゲートバー

いよいよ今年も残り少なくなってきました。
今年も沢山のご注文を頂き誠にありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。

さて、年末年始やお盆など長期休暇になりますと、交通量が増えて
ゲートに関わる事故も起きやすくなります。
特にゲートバーを折ってしまうことが多く見受けられます。

fc0ef790d7c61961485543148bfc9c5f

ゲートバーが破損した場合は取り替えていただく必要がありますが、
長期休暇中ですと弊社も営業していない日がありますし
運送便も混み合っていて、即時の発送ができない場合もあります。

そこで、お客様にお勧めしたいのがゲートバーの予備をご用意いただくことです。
予備を持っていただければ、交換作業自体はお客様で簡単に行えますので、
リモコンゲートをすぐに復旧させることができます。

4m、6mのゲートバーの場合はそれぞれ2本、3本繋ぎになっています。
バー折れの場合は、多くの場合根元の部分だけが破損します。
予備として根元部分だけを持っていていただければと思います。

予備のゲートバーのご相談などはお気軽にお問い合わせください。

それでは良いお年を。